俺のブレンド!豆な焙煎修了作品。初めてのオリジナルブレンドが完成しました。

 

『豆な焙煎』課程を修了されて、

念願のオリジナルブレンドをつくられました。

「コーヒーは毎日納得がいくまで淹れます。豆の消費量は半端ないです。」

「今年中には家庭用焙煎機が欲しいんです。」

 

そんな夢を叶える一歩に

豆な珈琲学校を受講されたSさん

 

豆の事。焙煎の事。ブレンドの事や近況など

基礎をひと通り終え

修了作品「俺のブレンド~中南米ブレンド」完成されました。

ブレンド作るときは

どんな香味にするか迷うところです。

 

何時、飲むのか?

何処で、飲むのか?

誰と?何と一緒に?

シチュエーションからイメージをしたり

 

この豆の甘みを活かしたい。

あの時飲んだあの香味を再現したい。

香味からイメージをしたり

 

様々な方法があります。

 

 

「中南米ブレンド」

ブラジル ナチュラル

ニカラグア ウォッシュド

 

シティローストのブレンドです。

まずはブレンドの基礎にのっとって

2種類(ブラジル・ニカラグア)

同じロースト(シティロースト)!

焙煎では時間と温度の関係をみながら

音と色を確認していきます。

 

慣れないうちは時間をつい忘れがちになります。

温度の上昇がどれくらいの時間かかるかは重要で、

上手く水分が抜けるかどうかに関わってきますから

はじめはポイントだけでもおさえていきます。

 

2度目のハゼで色をみて

素早く取り出しさまします。

 

ブラジルは2ハゼの途中くらい

ニカラグアは2ハゼの初めで止めました。

しっかり冷まし

ピッキングをして

いよいよ配合です。

 

はじめはブラジル1:ニカラグア1でカッピング

これはこれで良いんだけど・・・

イメージの香味には程遠かったようです。

 

 

2度目はブラジル4:ニカラグア6でカッピング

少し近づいたようですが、

甘みが微妙・・・

 

3度目、4度目と繰り返し

「よし!」

それでももう少し何かが足りない・・・

 

2種類のブレンドでは確かに香味に幅が出にくいです。

コロンビアを少し加えるとほぼ近いものになりそうでした。

焙煎からブレンドまで

試行錯誤をくりかえし

 

俺のブレンド~中南米ブレンド完成です。

お疲れ様でした。

【開催場所】

専門学校アリス学園4階会議室

921-8176

石川県金沢市円光寺本町8−50

 

【お問い合わせ】

山本珈琲 050-5241-0618

優しい珈琲を

心を込めてあなたに