【豆な焙煎】ブレンド~産地名がついたブレンド

 

コーヒーのブレンドには

「モカブレンド」「ブラジルブレンド」等

産地の名前がついたものを見かけます。

ブレンドの方法には、一般的に、異なる国の豆を複数使用します。

生産国により、香味の質が大きく異なるので、ブレンドすることにより

新しい香味が生まれる可能性が増すからです。

 

他には、ローストの異なるブレンドや精製方法の異なるブレンド、品種の異なるブレンドもあります。

これらが複合される場合が多いです。

 

 

スペシャルティコーヒーの場合は、トレサビリティ(原産国、産地、等級、配合率など)のはっきりした創造的なブレンドが求められます。

 

 

ブレンドに2~5種の豆を使用しますが、その比率に制約はありません。 

例えば

●タンザニア1:コロンビア1:ブラジル1

●ケニア5:コロンビア4    など、

必ずしも合計を100%や10にする必要がないので、その可能性は無限に広がります。

 

ただし、ブレンド名に産地の名前をつける場合には、名前を付ける産地の豆は、そのブレンドに最低30%使用し、かつ一番多い比率で使用しなければなりません。

 

【ブレンドをする場合、注意することは】

●ローストのかけ離れたものはブレンドしない。互いの個性を消し合います。

●同じ品質・レベルの豆を使います。品質の違う豆同士では悪い豆の香味に影響します。

●鮮度の良い豆に古い豆を混ぜると、全体の香味が低下します。

 

 

いつものお気に入りの豆数種を自分でブレンドしてみる。

そんな楽しみも加えてみてはいかがでしょう。

 

 

【開催場所】

専門学校アリス学園4階会議室

921-8176

石川県金沢市円光寺本町8−50

 

【お問い合わせ】

山本珈琲 050-5241-0618

優しい珈琲を

心を込めてあなたに