美味しいコーヒーを飲むには、良質な豆選びから!~③豆選びで失敗しない方法。感じる香味体験~

 

豆選びで失敗しない方法は

良質の豆を体験することです

 

とにかく体験です!

 

身体で感じ、覚えることです

例えば、美味しいお豆腐を食べたいとします。

(何故、お豆腐?ってこれはマイブームです 汗)

 

スーパーやお豆腐屋さんに行くと、いろいろな種類のお豆腐が並んでいます。

絹ごし豆腐だけでも幾種類もあります。

 

ここで何をポイントにするのか決めなければいけませんが、

美味しいお豆腐を食べたいとなると何を基準に選びますか?

 

高いから美味しい?

キャッチコピーや価格をみているだけでは、味は分かりません。

とにかく食べてみないとわからないのです。

 

それもいろいろ食べ比べてみないと、わかりません。

 

 

まずは、キャッチコピーで決めてもいいでしょう。

表示をみて、原材料や添加物などをチェックするのもいいでしょう。

または、お店の人に聞いたりします。

 

材料のこだわりや、作り方のこだわりや、違いを見て気になるものを

とりあえず食べてみます。

一度に何種類かを食べ比べるのも、より分かりやすいです。

 

友達や知合いに美味しいお豆腐を聞いてみるのもいいでしょう。

そして食べてみます。

 

そうしているうちに、

おいしい! に出逢います。

 

 

コーヒーも同じです。

 

ただ、「コーヒーってどれも同じでしょ?」と思っている方も多いです。

淹れ方で美味しくなるのだと。

 

「①良質な豆との出逢い」で書いた通り

豆には個性(キャラクター)があるものとそうでないものと、いろいろあります。

これは見た目ではわかりません。

 

白く四角いお豆腐がどれも同じに見えるのと同じです。

そしていざ選ぶとなったら、「難しい。分からない。」と諦めて

「どれも同じでしょ!」と言い聞かせてしまうのです。

 

確かに豆の説明書きをみると、わかるようでわからない表現のものが多いです。

 

いかにもそれらしい表現通りに、感じなきゃいけない。

表示に書いてある通りの味が、わからなければいけない。

と、思い込んで尻込みしてしまうのですね。

 

感じ方に決まりはありませんので、

自分が感じたとおりを信じて下さい。

たまに、友人とまたは専門店などで味の摺合せをすれば、

自分が感じている味は、

他人はこんなふうに感じているんだなと分かってきます。

 

 

講座にご参加頂いている方の中には、

 

普段食べているもので表現される方

「マーボー豆腐」「ハーブティ」等

 

ひとつのストーリーを語るように表現される方

「中世のお城での舞踏会で華やかに装う貴婦人のよう。」等

 

色で表現される方

「赤い」「黄みがかったオレンジ」「爽やかな緑」等

 

感覚で表現される方

「風が吹いてくる」「引き込まれる」等

 

 

人の味覚・感覚は様々ですから、違って当然です。

 人の個性を一言で言うのは難しいものです。

 

 

コーヒーの個性(キャラクター)も様々です。

個性(キャラクター)を体感し覚えることで

見極めが出来るようになり

 

失敗は減らせます。

 

【開催場所】

専門学校アリス学園4階会議室

921-8176

石川県金沢市円光寺本町8−50

 

【お問い合わせ】

山本珈琲 050-5241-0618

優しい珈琲を

心を込めてあなたに