ロースト段階はそれぞれのロースターの基準により決められ、それぞれ微妙に違います。

 

日本やアメリカでは、

一般的に8段階のロースト区分が使用されています。 


ライト・シナモン・ミィディアム・ハイ・シティ・フルシティ・フレンチ・イタリアン

※写真左からイタリアン・フレンチ・シティ・ミディアム・シナモン

生豆は加熱により水分が抜け、少しずつ色づいていきます。
薄茶からだんだんと濃い茶色にさらにチョコレート色に変化し、最後には黒に近づいていきます。

ただ、明確な基準はなく、世界中のロースターの判断は微妙に違います。

例えば、スターバックスのフレンチと日本のコーヒー会社のフレンチは違います。
同じフレンチと表示されていても、それぞれの基準で流通しているのです。
 
 

ローストの段階は、豆の温度や焙煎の経過時間、また豆の色を見てハゼ音を聞いて判断していきます。

ライトは、ローストが浅く青臭さく、まだまだ途中の状態。

 

シナモンも、まだローストは浅く豆が持つ個性的な香味ではなく、ローストの浅い酸が強い状態。

 

ミィディアムは、まだ苦味より酸味を強く感じる領域でコーヒーらしさが生まれ始める状態。

 

ハイは、ミィディアムからシティに進む途中段階で判断が難しいが、明るい酸がありしっかりした香味の中煎りの状態。

 

シティは、深煎りの入口の状態。酸味を残しながらコクがありかすかに苦味を感じる状態。

 

フルシティは、ローストポイントの目安がなく、難しいロースト。シティより十分なコクがあり、軽い苦味も伴ってくる状態。

 

フレンチは、深いローストの基本で、各産地の個性が表現できる限界のロースト。

甘い香りが漂い、チョコレートやバニラの香りとかすかに酸味を感じさせる状態。

 

イタリアンは、ローストの限界。苦味の強いアイスコーヒーなどにも使用されます。

【開催場所】

専門学校アリス学園4階会議室

921-8176

石川県金沢市円光寺本町8−50

 

【お問い合わせ】

山本珈琲 050-5241-0618

優しい珈琲を

心を込めてあなたに