ちょっと待って!使った器具をそのまま片付けちゃいますか。

挽きたての豆で淹れるコーヒーは格別です。

挽く時から香りを楽しみ
淹れたコーヒーの味を想像し
リクレーション効果が増します。

ちょっと待って!
使ったグラインダー そのままにしていませんか?
コーヒー豆には油分が含まれます。
油分は時間とともに酸化し異臭を放ちます。

これを放っておくと
次にコーヒー豆を挽いた時に
どんなに新鮮で良い豆を使っても
臭いがうつって台無しになってしまいます。
ただ、丸洗いをするのはなかなか大変。
特に木製のものはしっかり乾燥させないと
カビなどの原因になりますからね。

せめて油分を拭き取るか
コーヒーの残った分は
刷毛で払い落としておく必要があります。

コーヒー豆を挽いた場合
静電気で粉がくっつき
下手に触るとよけいに周りまで汚してしまう事も


 

刷毛は自然素材のもの

工具売り場などにある安価なもので十分です。
 
化学繊維などを使った刷毛は余計に静電気を起こします。
 
細く柔らかいものは
油分で固まってしまい
刷毛のお手入れが必要になるので
二度手間になりますからご注意を!
 
自然素材で粗く硬めの刷毛をお勧めします。
ちょっとしたお手入れで
手軽に美味しいコーヒータイムをお楽しみください。


グラインダーに関して
「メモリ調節(豆の粗さ調節)が上手く出来ない」とご相談を受けます。
それは次の機会にいたします。

※コーヒーまたはコーヒー器具などに関するお悩み・ご質問はこちらから

【開催場所】

専門学校アリス学園4階会議室

921-8176

石川県金沢市円光寺本町8−50

 

【お問い合わせ】

山本珈琲 050-5241-0618

優しい珈琲を

心を込めてあなたに