焙煎機・ダンパーの主な役割は排気コントロールです




今回の『焙煎』のテーマは焙煎機の構造と役割~についてでした。





ダンパーの役割は排気調節です。

釜(ドラム)内のガスや熱量をコントロールし、基本的に開けると温度は下がり閉めると温度は上がります。

 


ドラム(焙煎)と冷却を切り替えることで、

焙煎時は釜内排気をコントロールし豆が焼き上がり釜から出した後は冷却器の排気をコントロールします。

これは共用型のダンパーで、別々になった独立型もあります。

 

釜(ドラム)内の温度が上昇すると同時に煙りが出てきます。この煙りが釜(ドラム)内にとどまると豆は燻された状態になり、スモーク臭がつき本来の豆の香味を邪魔します。

【開催場所】

専門学校アリス学園4階会議室

921-8176

石川県金沢市円光寺本町8−50

 

【お問い合わせ】

山本珈琲 050-5241-0618

優しい珈琲を

心を込めてあなたに